車両を修理するために必要な費用

自動車保険の内容について

自賠責保険を始め任意保険でも対人賠償が自動車保険の主な内容であることは自明の事実と言えるでしょう。任意保険に加入していれば、自賠責保険では賠償しきれない対人賠償の部分について補填してくれます。その他にも、様々な事態を想定した任意保険があります。本来事故の相手方が賠償すべき損害であっても、相手方が無保険車だったり、単独事故だったりした場合には、自分の車の保険で賠償しなければなりません。こうしたケースに備えて、自分の車に同乗した者が死傷した場合に賠償する搭乗者傷害保険という保険もあります。また、車外における自転車事故やスキー中の衝突などの日常事故であっても、他人に怪我をさせた場合に生じる賠償責任についてカバーしてくれる日常事故賠償特約を附帯することも可能です。

車両の修理費用をカバーする保険はどんなものがあるか

自賠責保険では、相手の車両を壊した責任について賠償を肩代わりしてくれません。そこで、任意保険で対物賠償保険に加入しておく必要があります。対物賠償保険に加入していれば、事故の相手方の車両が故障しても修理費用を自腹で払う必要がありません。高級車を破損した場合の修理費用は高額になるし、車両以外の物損事故にも備えるため、対物賠償の限度額を無制限にしている保険がほとんどであると言えるでしょう。一方、事故により自分の車が破損した場合には、対物賠償保険は使えません。別途に車両保険へ加入する必要があります。車両保険の保険料は車の価格や使用年数によって変わりますが、特に、新車の場合には車両保険で購入価格に近い補償を受けることができるため、車両保険に加入することをおすすめします。