代理店型とダイレクト型の違い

保険料はダイレクト型が安い傾向

自動車保険には自賠責と任意保険があり、自賠責はどこの保険会社で入っても保険料は同じですし補償される内容も同じです。そのため比較の必要はありませんが、任意保険に関しては補償内容も保険料もさらには無料の付帯サービスも異なるので比較が必要です。できるだけメリットのある保険会社で加入した方が良いでしょう。もし任意保険に安さだけを求めるのであれば代理店型よりもダイレクト型を選択します。ダイレクト型は代理店や営業担当者を通じた販売ではなく主にネットを通じて保険販売を行います。そのため販売コストなどがかかりにくいのでその分が保険料に転嫁されず代理店型に比べて安い料金設定になっているためです。ネットから見積もりや申し込みができる手軽さもダイレクト型のメリットと言えるでしょう。

じっくり保険を選んで安心のサポートを受けたいとき

任意の自動車保険に加入するときにはどんな主契約や特約を付けるかを考えなくてはいけません。補償内容が重なる保険もあり、それを知らずに無駄に保険料を払ってしまうケースもあります。ダイレクト型の保険では基本的に自分で保険の中身を調べて比較をしなければならず、保険の知識がないと正しい選択ができない可能性があります。一方代理店型では保険の知識のある担当者から説明を受けられるので、疑問点を解決した上で加入するかどうかを決められるメリットがあるでしょう。保険なのでどちらも万が一の時にはサポートが受けられますが、ダイレクト型は事故のたびに担当者が変わるので少し不安かもしれません。代理店型だと契約時の担当者がそれ以降窓口になってくれるので安心して利用できそうです。