自分自身を含めた同乗車の治療費

支払いのタイミングは遅いが高額給付がある

自賠責は対人損害賠償の補償しかしてくれないので、自分自身や搭乗者に損害があってもその補償はしてもらえません。どうしても補償が必要なら任意保険で加入する必要がありますが、その時の選択肢として人身傷害保険があるので内容を確認しておきましょう。事故割合に関係なく示談交渉を待たずに受けられる給付で、事前に決めておいた上限以内であれば自分自身や搭乗者が受けた損害の総額の給付が受けられます。損害としては治療にかかる費用の他仕事で働けないときの休業補償や葬祭費用も含まれ高額の給付が受けられる可能性があるでしょう。注意として損害額が確定しないと受けられないので給付に時間がかかる可能性があります。損害が大きくなった時に役立つ保険と言えるでしょう。

支払いがスムーズだがケガ毎の固定給付

いくら安全運転をしていてももらい事故が原因で自分や搭乗者にけがをさせる可能性があります。事故の相手の過失割合が高ければ相手に損害賠償してもらえるものの、相手に損害賠償能力がなければ受けられない可能性もあります。ケガをしたときには医療機関で治療を受けますが、できるだけ早く治療費分として給付を受けたいなら任意保険の搭乗者傷害保険に加入しておきましょう。こちらは過失割合に関係なく支払われ、通院や入院が一定日数経過すると給付が受けられます。注意としてはけがや部位ごとに給付額が決まっていて、実損の給付が受けられるわけではありません。ケガに対する給付がメインになるため、休業補償や葬祭費用などの給付も行われません。一時金的な意味合いの保険と言えるでしょう。