事故を起こした時に相手の賠償に対する備え

自賠責保険では不十分

自動車保険は、自賠責保険と任意加入の任意保険があります。自賠責保険は強制加入なため、この保険には基本的に全員入っています。加入義務のある自賠責保険は対人賠償のみのため、人をひいてしまった時しか補償は出ません。「人をひいた時に保険が出るならば十分では?」と思う人も中にはいるでしょう。しかし、死亡させてしまった時の補償金額には上限があり、自賠責保険では3000万円しか出ません。働き盛りの若い人を死なせてしまった場合、損害賠償は1億円を超えることもあります。損害賠償が1億円の場合、自賠責保険では3000万円しか保証されないため、残りの7000万円は自腹ということになります。また、自賠責保険は物損事故対象外なので、相手の車や建物を壊してしまった場合は保険金がおりません。相手の賠償に対して備えるためには、自賠責保険だけでは不十分なので任意保険に加入することが大切になるでしょう。

任意保険とは?何を選べばいいの?

任意保険の補償内容は大きくわけると「対人賠償保険」「人身傷害保険」「車両保険」「物損賠償保険」の4つがあり、自分で好きなのを選んで加入することになります。対人賠償保険は、事故で相手を死傷させてしまった時に備えるための保険です。補償金額は自分で設定することができますが、対人賠償は無制限にするのがおすすめです。人を死なせてしまった場合の損害賠償は5億円を超えるケースもあります。補償金額を設定しても、無制限を選んでも、支払う保険料はそれほど大きく変わらないので、無制限を選ぶようにしましょう。物を壊してしまった場合も数千万円を超える賠償金を支払わなければならなくなることもあるため、物損賠償保険も無制限を選ぶのが無難です。相手を死なせてしまったり、建物を壊したりした時は多額の損害賠償が発生してしまいます。任意保険に入る時は、補償額が大きくなるものを選ぶのが、もしもの時のリスクに備えるために大切です。